トップページ > メンバー紹介 > 教授:山口隆司 > 公表論文一覧

教授:山口隆司 / Takashi YAMAGUCHI

山口隆司教授の紹介です。   

名 前 :山口 隆司 / Takashi YAMAGUCHI

勤務先 :大阪市立大学大学院 工学研究科 都市系専攻 橋梁工学分野

住 所 :大阪市住吉区杉本3-3-138

電 話 :06-6605-2765
F A X :06-6605-2765

E-mail :  yamaguti@civil.eng.osaka-cu.ac.jp

  経歴


  <学歴>
  1991 年  3 月 京都大学工学部土木工学科卒業
  1993 年  3 月 京都大学大学院工学研究科修士課程土木工学専攻修了
  1996 年  3 月 京都大学大学院工学研究科博士後期課程土木工学専攻修了
  1996 年  3 月 京都大学博士(工学)“Fundamental Study on High Strength Bolted Tensile Joints”

  <職歴>
  1996 年  4 月〜 1998年 3月 京都大学大学院助手      工学研究科土木工学専攻勤務
  1998 年  4 月〜 1999年 3月 大阪市立大学助手       工学部土木工学科勤務
  1999 年  4 月〜 2001年 3月 大阪市立大学講師 工学部  土木工学科勤務
  2001 年  4 月〜 2002年 3月 大阪市立大学大学院講師   工学研究科土木工学専攻勤務
  2002 年  4 月〜 2003年 3月 大阪市立大学大学院講師   工学研究科都市系専攻勤務
  2003 年  4 月〜 2007年 3月 大阪市立大学大学院助教授 工学研究科都市系専攻勤務
  2007 年  4 月〜 2009年 3月 大阪市立大学大学院准教授 工学研究科都市系専攻勤務
  2009 年  4 月〜 現在       大阪市立大学大学院教授   工学研究科都市系専攻勤務

  主な研究分野

  1.高力ボルト引張接合の力学的挙動の解明とその設計法
        高力ボルト引張接合を用いた箱形断面部材の力学的挙動の解明
        高機能高力ボルトの開発

  2.橋梁構造物の力学的挙動の解明
        合成断面部材のクリープ挙動の解明
        新形式橋梁の提案

  3.橋梁構造物の補修・維持管理
        鋼橋の効果的補強法に関する検討
        超音波を用いた高力ボルト軸力測定法

  4.新しい構造実験法の開発
        並列仮動的実験手法の開発
        FEMの仮動的実験への取り込み
        構造実験システムの高機能化

  講義担当科目

職名 学部、学科等(所属部局)の名称 担当授業科目名 毎週担当時間数(専任) 備考

教授

工学部  都市学科 Bachelor

鋼構造設計論

2

前期

橋梁工学

2

後期

コンピュータシミュレーション

2

後期

都市学入門

2/15

前期

安全防災工学

2/15

後期

    プロジェクトマネジメント
2/15
後期
    都市工学のための科学基礎
2/15
後期

卒業研究

5

         

工学研究科 都市系専攻 Master

鋼構造学特論

2

前期

連続体力学

7/15

前期

特別演習

2

後期


  学協会および社会における活動

【学協会】
1996年 4月〜 土木学会会員
1998年 7月〜 日本鋼構造協会会員
2000年 1月〜 国際構造工学会委(IABSE)会員
2001年 1月〜 日本実験力学会会員
【委員会】
<土木学会>
2002年 5月〜
2005年 3 月
構造工学委員会 構造工学論文集編集小委員会 幹事
2002年 9月〜 2006年12月2日 鋼構造委員会 高力ボルト摩擦接合継手の設計法に関する調査検討小委員会 幹事長
2004年 6月〜
2007年 3月
鋼構造委員会 鋼構造設計指針小委員会 委員

2005年

2月〜
2008年 5月
鋼構造委員会 鋼橋の支持機能検討小委員会委員

2006年

4月〜

2007年 3月

構造工学委員会 構造工学論文集編集小委員会委員

2006年 4月〜
2008年 5月
土木学会誌編集委員会委員
2006年 4月〜
2008年 5月
関西支部総務幹事
2007年 4月〜
2009年 5月
構造工学委員会 運営小委員会副委員長
2009年 2月〜
2011年 2月
鋼構造委員会 鋼構造物の連結に関する検討小委員会委員長
2009年 6月〜
2010年 5月
構造工学委員会 土木構造物標準示方書策定小委員会委員兼幹事
2009年 7月〜
現在
構造工学委員会 委員
2009年 7月〜
現在
鋼構造委員会委員兼幹事
2009年 7月〜
2012年 5月
鋼構造委員会 構造物の架設設計指針改定小委員会幹事長
2010年 6月〜
2012年 5月
鋼構造委員会 老朽化した鋼構造物の長寿命化のための性能回復技術検討小委員会委員
2010年 10月〜
2011年 5月

構造工学委員会 土木構造物のライフサイクルマネジメント研究小委員会

2011年 5月〜
2013年 4月
鋼構造委員会 東日本大震災鋼構造物調査特別委員会幹事長
2013年 6月〜
現在
鋼構造委員会幹事長
2014年 4月〜
2015年3月
関西支部 橋梁の長寿命化・耐震化と更新に関する施策および技術開発の検討に 関する連携研究委員会 委員長
2014年 6月〜
現在
鋼構造委員会 鋼・合成構造標準示方書施工編小委員会 委員長
2015年 6月〜
現在
構造工学委員会 構造工学論文集編集小委員会 委員長

2016年

6月〜
現在
土木学会関西支部技術賞選考委員会委員
<日本鋼構造協会>
1997年 4月〜 2000年  3月 次世代土木鋼構造研究委員会 合理化桁の設計法小委員会 委員
2000年 3月〜

2004年 6月

橋梁用高力ボルト引張接合設計指針(案)改訂小委員会 委員
2002年 4月〜 2004年 3月 年次研究発表小委員会 委員
2002年 9月〜

2007年 3月

超鉄鋼利用技術検討小委員会 委員
2005年 4月〜 2006年 1月 超高力ボルトの遅れ破壊特性評価法の開発小委員会
2007年 4月〜 2009年 5月

鋼橋の性能・信頼性向上にかかわる研究小委員会合理化構造・設計法部会

2007年 4月〜 2009年 9月 関西地区委員会鋼構造物における長寿命化・延命化技術の現状と課題委員会 幹事長
2008年 4月〜 2013年 5月

高力ボルトの接合技術に関する調査研究小委員 会員

2009年 4月〜 現在

土木鋼構造診断士専門委員会 幹事

2009年 4月〜 現在 土木鋼構造診断士幹事会 委員
2009年 5月〜 現在 土木鋼構造診断士更新・広報小委員会(2013年〜委員長)
2013年
6月〜
現在 メカニカルファスニング技術小委員会 副委員長
<学協会以外>
1999年
7月〜
1999年 11月 阪神高速道路公団 遮音壁事故調査委員会 委員
1999年
8月〜
2000年  3月 阪神高速道路公団 点検システム検討委員会 委員
2000年
5月〜
2002年  3月 道路保全技術センター 43号線橋梁維持補修計画検討委員会 委員
2001年
4月〜
2004年 3月 建設コンサルタンツ協会近畿支部 網・複合橋梁の性能照査方設計法に関する調査研究委員会学識委員
2004年
4月〜
2004年 3月 建設コンサルタンツ協会近畿支部鋼複合橋梁の性能照査型設計法に関する調査研究委員会学識委員
2007年
4月〜
2008年 8月 (財)高速道路技術センター中国自動車道矢野川橋床版架替に関する検討業務委員会委員
2010年
6月〜
2012年 5月

日本道路協会鋼橋小委員会設計WG幹事

2011年
7月〜
2012年 3月 奈良県橋梁耐震計画策定委員会委員
2011年
11月〜
2012年 3月 国土交通省近畿地方整備局「応急架設橋に関する検討会」委員
2012年
8月〜
2014年 3月 西日本高速道路 ( 株 ) 「名神高速道路 蝉丸橋・追分橋大規模地震対策検討委員会」委員長
2012年
9月〜
現在 西日本高速道路 ( 株 ) 関西支社橋梁技術検討委員会委員
2013年
2月〜
2013年 5月 西日本高速道路エンジニアリング関西株式会社「NEWロックナット技術検討会」委員長
2013年
4月〜
現在 大阪市交通局「大阪市高速鉄道土木技術研究会」委員
2013年
8月〜
現在 阪神高速道路(株) 「構造技術委員会 鋼構造分科会」委員

2013年

10月〜
2017年3月 西日本高速道路(株)関西支社「関西国際空港連絡橋大規模地震対策検討委員会」委員

2013年

12月〜
現在 大阪府都市基盤施設維持管理技術審議会委員(平成29年11月30日まで)
2014年

2月〜

現在 国土交通省中国地方整備局岡山国道事務所「伊達橋補修検討委員会」委員
2014年
3月〜
現在 国土交通省中国地方整備局岡山国道事務所「伊達橋補修検討委員会」委員
2015年
6月〜
12月 西日本高速道路株式会社関西支社「新名神高速道路 高槻第二JCT橋梁架設技術検討委員会」委員
2016年
2月〜
2017年3月 西日本高速道路株式会社関西支社管内 特定更新橋梁構造技術検討会 座長
2016年
6月〜
現在 日本道路協会鋼橋小委員会委員
2016年
7月〜
現在
大阪府八尾土木事務所大阪モノレール技術審議会委員

  文部科学研究費

  <研究代表者>  
  1997年4月〜1999年3月 文部省科学研究費補助金,奨励研究(A)
「縦波と横波を用いた超音波非破壊高力ボルト軸力測定に関する研究」 課題番号09750556
  1999年4月〜2001年3月 文部省科学研究費補助金,奨励研究(A)
「高変形能ボルトを用いた多列配置片締め引張接合」 課題番号11750429
  2002年4月〜2004年3月 文部科学省科学研究費補助金,若手研究(B)
「高力ボルト引張接合を用いた複合構造ガセットレストラス格点部の開発」 課題番号14750405
  2004年4月〜2006年3月 文部科学省科学研究費補助金,若手研究(B)
「高変形能高力ボルトを用いた引張接合型耐震継手の開発」 課題番号16760377
  2007年4月〜2009年3月

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究B(課題番号19360206)
「2方向テーパープレートを用いた鋼・合成構造部材の力学性能の解明と合理的活用法」

   

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究B:研究代表者(課題番号21360218)

  2009年4月〜2012年3月

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究B:研究代表者(課題番号21360218)
「既設鋼リベット橋の耐荷・耐震・耐久性能評価とその長寿命化技術の開発」

  2016年4月〜2019年3月 日本学術振興会科学研究費補助金,基盤研究B:研究代表者(課題番号H1604401)「新接合面処理と支圧接合強度を活用したコンパクトな高強度高変形能摩擦接合継手の開発」
     
  <研究分担者>  
  2004年4月〜2007年3月

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究B(1)
「安全と環境と経済性との調和を考慮した都市内鋼・複合橋梁の再生と創造」

  2004年4月〜2007年3月

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究B(海外学術調査
「東アフリカ地域に分布する代替セメント原料の調査とその持続可能な供給法に関する研究」

  2007年4月〜2009年3月

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究B(海外学術調査)
「代替セメント材料による固化土ブロックの多機能化および社会基盤整備への適用」

 

2005年4月〜2006年3月

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究C(企画調査)
「材料リサイクルと構造リユースを前提とした橋梁構造物の長期的資産評価に関する調査」

  2008年4月〜2011年3月

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究A
「桁端部における耐震・免震機能部材間の連成を考慮した高架橋の耐震性評価」

  2008年4月〜2011年3月

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究A
「1800MPa級超高力ボルトを実現するための材料・土木・建築分野の学際的基礎研究」

  2008年4月〜2011年3月

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究C(一般)
「巨大長周期地震動を受ける鋼製橋梁の動的耐荷性能評価と動的設計法の開発」

  2013年4月〜2018年3月

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究B(一般) :研究分担者
「実老朽化橋梁を用いたクラウドBMSの開発に関する総合的研究」

  2016年4月〜2018年3月

日本学術振興会科学研究費補助金、基盤研究C(一般) :研究分担者 「施工と点検を容易にする高機能シートを用いたボルト接合部の合理的な防食技術の開発」


  研究業績


  ⇒  公表論文一覧


  博士論文審査
<主査>
 

2009年度

「橋梁上に設置された柱状付属構造物の疲労損傷防止に関する研究」(石橋知彦)

2009年度

「き裂損傷を受けた鋼I桁橋の残存耐荷力に関する基礎的研究」 (金仁浩)

2009年度

「既設鋼床版橋の疲労損傷要因の解明と対策工に関する研究」(田佳彦)

2013年度

「極厚鋼板を用いた多列高力ボルト摩擦接合継手のすべり挙動に関する基礎的研究」(彭雪)

2014年度
「高力ボルト当て板要素を用いた疲労亀裂の応急補修法に関する基礎的研究」(潘超)
「高耐久な鋼橋部材接合部の開発に関する研究」(田畑晶子)

「各種不確定要因を考慮した鋼橋の高力ボルト摩擦接合継手の強度特性に関する研究」(高井俊和)

2015年度
「ノックオフ部材を用いた高架橋の耐震性能向上に関する研究」(中西泰之)
2016年度
「鋼I桁橋の腐食した桁端部の耐荷力とその簡易評価法に関する研究」(臼倉誠)
 
学内リンク| 大阪市立大学・大学院 工学研究科・工学部 都市学科
 Copyright © 2004 OCU Bridge Engineering Laboratory. All Rights Reserved.